パーソナルトレーニングのご紹介◆淵Ε┘ぅ肇肇譟璽縫鵐亜

0

    前回はパーソナルトレーニングの概要をご紹介しましたが、今回はその中身のウエイトトレーニングについてお話しします。

    ウエイトトレーニングとは簡単に言ってしまえば、筋トレです。

     

    筋トレをすると体が固くなっり、腰を痛めそう、ムキムキになっちゃいそう・・・

    などというマイナスイメージがあると思います。

     

    正しく筋トレを行うとマイナスどころかたくさんの恩恵を受けることができます。

    またそれは、スポーツをやっている人に限ったことではなく一般の方もウエイトトレーニングを行うことで身体にとってプラスの効果があります!

     

    いくつかご紹介すると・・・。

     

    ・体が柔らかくなる

    ・腰痛が改善する

    ・ジャンプ力があがる

    ・足が速くなる

    ・不安を軽減させる

    ・認知機能が向上する

    ・モテるようになる(男性において)

    などなど、様々な+の効果がある可能性がわかっています。

     

    これはやらない手はないと思いませんか?

     

    まず

    「体が柔らかくなる」についてお話しします。

     

    皆さんの多くは反対のことを考えているかもしれません。

    「筋トレをしたら体が硬くなってしまう・・・」と。

     

    しかし、ウエイトリフティングという競技を知っていますか?重い重量を担いで頭の上まで持ち上げる競技です。

     

    写真提供:ジェンディ今夢選手

     

    その競技の選手は皆さん体が柔らかいです!

     

    筋トレをすると体が固くなってしまうのであれば、200圓覆瓢ち上げる選手は身体がとても固くなってしまいませんか?

     

    しかし、ただ筋トレをしているだけで身体は柔らかくはなりません。

    正しく大きな可動域で筋トレをすることが大事です。

     

    続いて

     

    「腰痛を改善する」についてです。

    腰痛になっている方の多くがお尻の筋肉が萎縮してしまっている人が多いという報告があります。

    ※萎縮とは、筋肉を使わないことで筋肉がやせてしまうこと。

     

    お尻の筋肉は身体を動かす際に非常に大事な部位です。

    お尻の筋肉(特に大殿筋)が使えなくなると「重いものを持つ」、「階段を上る」といった際に股関節を上手に使うことができず腰への負荷が増して痛みにつながることがあります。

    なのでランジなど大殿筋のに狙いを定めたトレーニングを行うことで腰痛の予防や改善をはかることができます。

     

    一般の方にもウエイトトレーニングの効果を少しお伝えすることができたと思いますので、ぜひ実践してみてください。

    もちろん、どうせやるのであれば正しい方法でやったほうが効率がいいですので選択肢の1つにコンディショニングセンターをお入れ下さい!

     

    ウエイトトレーニングの効果についてはまた今度続きの記事を書かせていただきますのでお楽しみに!

     

    今回も最後までお読みいただきありがとうございました!


    コメント
    コメントする