今年も世界大会が始まりました

0
    代表の多田です。

    私が顧問トレーナーを務めるチアリーディング協会・ユナイテッド スピリット アソシエーション ジャパンでは
    毎年多くの世界大会に日本のチームを派遣しています。
    昨年は1月の世界大学選手権(フロリダ州オーランド)から11月のヨーロッパ選手権(フランス・パリ)まで、
    全5大会を私とスピッツェンスタッフが帯同し、日本代表チームをサポートしています。



    前回11月のブログにアップしたヨーロッパ選手権では、試合の様子をお伝えしましたので、
    今回は試合前の様子をご紹介します。

    日本の選手達は大会当日の4〜5日前に現地入りします。時差調整のためと、
    本番と同じフロアでの練習を行うためです。

    移動日は夜中に現地に着くので、翌日の午前中に大会のオリエンテーションを行います。
    そして午後から練習となります。


    大会までリハーサルと呼ばれる演技フロアで20分間練習ができる機会や
    エキシビションで2分30秒の演技をすることもあります。


    練習の合間にトレーナー室へと模様替えされたホテルの部屋で,
    直前のケアや当日巻くテーピングの打ち合わせをします。



    大会当日は試合時間が各チームによってバラバラです。
    よって最初に会場入りするチームと一緒に試合会場に向かいます。

    ホテルから試合会場までは専用の送迎バスが出ています。



    後から到着するチームには会場の外でテーピングを巻くこともあります。





    彼女たちがステージに上がったらもう何もすることができません。
    一生懸命応援しながら彼女たちの演技を楽しみます。
    今年も幸先よく、全てのチームが好成績を収めてくれました。



    選手達が安全に、そしてより良いパフォーマンスが発揮できるよう、
    私たちも日進月歩取り組んでいきたいと思います。


    NPO法人Spitzen Performance
    http://spitzen-performance.jp/
    多田久剛







     

    コメント
    コメントする